純チタン ・64チタンやゴムメタルなどのチタン合金 ・形状記憶合金などの表面処理や

貴金属メッキ・電着塗装の金属加工を独自の技術を用いて自信を持ってお届けします。 

ご相談・お見積りフォーム

表面加工処理技術

ロー付け用メッキ

NTのテンプルと洋白の丁番をロー付けした品物。

一般的にロー付けが困難なチタンと異種合金を接合する為に、チタンにロー付け専用のメッキをします。
又、ステン材等にロー付け用メッキをする事により、直接ロー付けした物やスポット付けの様な熱による焼け(酸化皮膜)が軽減できます。         

*ロー付け用メッキは、必ずロー付け後ハガシをしてください。




適応素材チタン合金(β・ハーフ材)
64チタン、ゴムメタル
NT材(形状記憶合金)
ステン

ロー付け用メッキハガシ


ロー付け用メッキは,ロー付け後ロー離れしないように、専用のハガシ液にてメッキのハクリを行ないます。メッキを剥す事により素材を表面に出します。

*ロー付け用メッキを剥す際、ロー付けした素材が、ハガシ液に適さないものがあり、ひどい素地荒れ等を起こす場合がありますので、加工(ロー付け用メッキ)前にご確認・ご相談ください。


加工事例

チタン合金と銅材をロー付けした品物

〇 加工内容

チタン合金のリムにロー付け用メッキを加工。

        ↓

メッキをしたリムとベリ銅のヨロイをロー付け加工。

        ↓

ロー付け部分のろう材もれ研磨後、ロー付け用メッキハクリ・酸処理。

        ↓

         研磨       

ロー付けにお困りの方は、ご連絡お待ちしております。     

お問い合わせ

金属表面加工処理についてのご質問・ご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。  

お問い合わせ