純チタン ・64チタンやゴムメタルなどのチタン合金 ・形状記憶合金などの表面処理や貴金属メッキ・電着塗装の金属加工を独自の技術を用いて自信を持ってお届けします。 

ご相談・お見積りフォーム

表面加工処理技術

下地メッキの種類

ニッケルめっき

・素地とメッキ被膜の密着性を向上させる目的で使用するニッケルストライクメッキや、光沢ニッケルめっきなどの硫酸ニッケル、塩化ニッケル、ホウ酸を使用したワット浴や、チタンの下地メッキなどに使用する、スルファミン酸ニッケル浴など目的に応じて処理しております。

ニッケルパラジウムめっき

・ニッケルとパラジウムの合金メッキで、金メッキなどの下地メッキに用いられ、厚付けが可能な耐食性に優れたメッキになります。

純パラジウムめっき

純パラジウムメッキは白金族特有の高貴な色調を保ち、不錆、不変色、科学的安定度が高く、ニッケルフリーの表面処理に使用します。

SPめっき

・スズとニッケルの合金メッキで、単体で電着塗装の下地メッキや、ガンメッキなどの下地メッキにも使用します。

ガンめっき

・SnーNiーCu系の淡黒色外観合金メッキで、被膜は耐蝕性、耐摩耗性などの物性にも優れており、広範囲の用途に使用できます。つきまわり性に優れており、電動効率もよく均一電着性に優れていてアンティークメッキの下地メッキにも使用します。

スズ・コバめっき

・スズとコバルトの淡黒色外観合金メッキで、単体で電着塗装の下地メッキなどに使用し、ニッケルフリーの表面処理や、アンティークメッキの下地メッキにも使用します。


ルテニウムめっき

ルテニウムは、白金(Pt)、パラジウム(Pd)などと同じ白金族元素の一つであり、淡黒色外観の貴金属メッキで、ニッケルフリーの表面処理にも使用します。

2021年 1月営業カレンダー

状況によっては、営業日を変更させて頂く場合がございますので、予めご了承の程よろしくお願いいたします。

≫ 2021年 営業カレンダー 更新

 ダウンロード(PDF)  

お知らせ

美装ジャパンの表面加工技術 

採用情報
加工事例
品質管理
チタンクリエーター福井