純チタン ・64チタンやゴムメタルなどのチタン合金 ・形状記憶合金などの表面処理や貴金属メッキ・電着塗装の金属加工を独自の技術を用いて自信を持ってお届けします。 

ご相談・お見積りフォーム

めがねフレームの名称

めがねの名称

(1)モダン

テンプル(腕)が耳に当たる部分で、耳あたりやかけ心地をよくする部品で、中にはめがねの重量バランスをよくする為に、樹脂のモダンに金属などがついているものもあります。


(2)丁番 

テンプル(腕)を折りたたみをする為についている部品。英語でhinge[ヒンジ]とも言います。          


(3)ブロー智

フルリムのフレームでは、レンズをリムに入れて、ブローチねじで止める部品で、ブロー智は、横から見ると上下にV型にカットしてあり、レンズを入れた際、前後にずれにくくなっています。


(4)テンプル(腕)

英語で「こめかみ」を意味する「Temple」テンプルめがね業界でよく聞かれる呼び方です。

チタンのフレームには、フィット感を高めるために、ベーター材などが使われることがあります。

めがねに使われるベーターチタン材は、バナジウム15%、アルミ3%、クロム3%、錫3%を含む「Ti-15-3-3-3」が使われることが多いようです。


(5)リム

レンズを入れる部分でデザインや形状によりフルリムや半リムなどいろいろなタイプがあります。また、ツーポイント(リムレスフレーム)などのように、リムがないタイプもあります。

チタンフレームのリム線に使われることが多い材料は、チタンにアルミ3%、バナジウム2.5%を含んだ、「ハーフ325チタン」と呼ばれるα-βチタン材です。




お問い合わせ

金属表面加工についてのご質問・ご要望などがありましたら、お気軽にお問合せください。

2021年 1月営業カレンダー

状況によっては、営業日を変更させて頂く場合がございますので、予めご了承の程よろしくお願いいたします。

≫ 2021年 営業カレンダー 更新

 ダウンロード(PDF)  

お知らせ

美装ジャパンの表面加工技術 

採用情報
加工事例
品質管理
チタンクリエーター福井